• 葛飾区でリノベーションを行う魅力について探る

    葛飾区は東京都の東部に位置するエリアで、東京都の中では唯一埼玉県と千葉県に隣接していると言った特徴を持ちます。

    また、葛飾区には柴又帝釈天界隈と矢切の渡しが日本の音風景100選になっている事、京成電鉄の柴又駅が関東の駅100選になっているなど、名所が多くあるのが特徴で、堀切菖蒲園も名所の一つになっています。


    更に、柴又桜祭りや葛飾菖蒲祭り、葛飾納涼花火大会など、各種イベントがほぼ毎月のように開催されており、住む人々の楽しみを与えてくれます。



    葛飾区と言うのは下町情緒を持つ町として人気を集めており、区内に住んでいる人の多くがその地に骨を埋めるとも言えるほど、他のエリアに引越しをする事が少ないと言った特徴を持っています。



    その理由の一つに、葛飾区の人口は年々増加傾向にあり、他のエリアから移住する人も多いのです。
    住宅は長く住み続ける事でライフスタイルに合わなくなる事もありますし、老朽化が生じ建て替えが必要になるケースもあります。家を建て替えるとなると膨大な予算が必要になりますが、リノベーションなら建て替えよりも安く済むと言う事からも、葛飾区内に住んでいる人の中にはリノベーションを行い、住まいを一新する人も少なくありません。



    尚、リノベーションは基礎や建物の骨組みをそのまま利用出来るリフォーム手法になるため、家すべてを解体するのと事なり、廃棄物の量が少ないのが特徴で、地球環境の貢献にも繋がって来るのです。