• 葛飾区で盛り上がるリノベーション

    リノベーションを採用する家が葛飾区でも増えています。

    これまでのリフォームとは違い、家のあり方を抜本的に見直しながら、自由度の高い改装が可能です。

    とくに長い歴史を誇る下町には、それだけ古い日本家屋が点在しています。

    これらの住居は、現代のライフスタイルと離れつつあり、日常生活に少なからず不便を与えるものです。

    そこで、外見はそのままに、内側だけを住みやすく変えることで、文化と利便性の両面を保つことが出来ます。

    これらの方策は、歴史的建築物と共に暮らす、欧米などでは広く行われていることです。



    葛飾区におけるリノベーションは、実は世界の最先端ともいえる試みなのです。


    では、葛飾区で採用されているリノベーションで、どのような変革がもたらされるのでしょうか。


    それは、暮らしの安全性を上げることです。
    東京でも高齢化の兆候が見られる地域だけに、そこには多くの関心が寄せられています。

    たとえば、転倒の原因となるものは、濡れたお風呂の床ばかりではなく、意外と畳の目で滑ってしまうものです。

    そこでフローリングの床に変えることで、足元を確かにすることができます。

    同時に家中の段差をなくすバリアフリー化を進めれば、家の中を快適に行き来できます。



    自宅の中は、もっとも穏やかに寛げる空間であるべきです。


    それが古い家屋で叶わないのであれば、積極的に改装していかなければなりません。



    葛飾区の家こそリノベーションを取り入れて、さらに快適な住まいにしていきましょう。